前へ
次へ

節電意識を高める太陽光発電システム

補助金制度により、家庭でも太陽光発電システムを導入しやすくなりました。
自宅で太陽光発電ができるようになり、節電意識を高めることにも役立っていると言われています。
システムを導入するとモニターが設置されます。
そこを見れば消費電力や発電量がひと目で分かるようになっているため、日々の生活でどれくらいの電力を消費しているのかを知ることができます。
その結果、エネルギー消費に対する関心が高まって節電を心がけるようになったり、消費行動にも変化が現れだします。
以前は気に留めなかったエネルギー消費に対して意識が高まり、無駄なエネルギー消費をやめたり、こまめに電気を消すようになるのです。
このように、子供のいる家庭では子供の節電意識を高めて、環境への関心を高めることに大変良い効果をもたらすことがわかります。
さらに、ソーラーパネルの断熱効果に伴って屋根の表面の温度を下げることができるため、夏場はエアコンの費用を抑制させる効果が生まれます。

Page Top