前へ
次へ

太陽光発電システム利用上の留意点

太陽光発電のデメリットとして、1つは日射量により発電量が移り変わることです。
太陽光発電は、太陽光線を介して電気を生産するため、日射量はかなり重要なファクターになります。
日射量はエリアによって違い、効果的に発電できない場所もあります。
しかし、1年を通して曇りなどの良くない天候が続かなければ、日射量の開きだけでとても大きな痛手を負うということは無いといえるでしょう。
さらに、太陽光線は出たとしても、屋根のパネルの前に非常に高い建物が立ち上がるケースもあります。
周辺環境もチェックし、広範囲の工事が敢行されそうか、建設予定があるかなども確かめることが求められます。
さらに、発電量が安定しないことがあげられます。
太陽光により発電するため、発電量は周辺環境によって影響されます。
太陽光が出ない夜や、悪天候により発電量はさがって、安定的に電力供給できないこともあります。
原則として、予想に比べて発電量や購入してもらえる電力はあまり多くないものと考えておく必要があるでしょう。

Page Top