前へ
次へ

太陽光発電をフラットな目で検証

太陽光発電についてフラットな目でこれから先を検証すると、明るい要素が多々あります。
例えば売電価格が下がっていることをためらう理由にする人も少なくありませんが、国民の負担として考えればこれは歓迎すべきことです。
なぜなら再生可能エネルギーの買取費用は電気代に加算され、結局は国民全体が負担するからです。
設備コストが下がり発電効率が上がって来ていることから買取価格の引き下げが実施されていることは、むしろ明るい兆しと言えます。
先見を持つ企業が、自家消費型として積極的に取り入れる方針を打ち出しているのも納得でしょう。
発電システムは現在も世界中で研究が続けられており、より効率的なパネルが続々と開発されています。
買取制度が始まった当初とは比較にならないほど性能も向上していますので、将来もおおいに期待できるでしょう。
例えば、ドイツライプチヒでは曇りでも発電可能なパネルがすでに販売されています。
近い将来、天候にも左右されないシステムが登場する可能性もあるのです。

低コストで食品CROに関する試験をCPCCは安全かつ迅速に行うことができます

CPCC株式会社はご依頼後検査にかかる費用を詳細にお見積もりできます

システム導入でネックになるのは初期費用ですが、海外メーカーも視野に入れると安価な導入が可能な場合もあります。
日本でも海外メーカーの商品を取り入れやすくなって来たため、予算に合うシステムが広く見つけやすい状況になったきたのは事実でしょう。
実際に、導入しやすくなっていると感じている企業も多く、以前より積極的に計画を進める企業も増えています。
日進月歩で状況は変化していますので、以前の情報で思い込むことなく、常に最新情報で検討することも大切です。
フラットな目で見れば、当初実施されていた国や自治体による補助制度が終了したことで、導入意欲が低下しているのも事実でしょう。
ただ、中小企業等経営強化法では2019年度以降も自家消費型太陽光発電の固定資産税を軽減し、低利融資などが行われる見込みとなっています。
また、すでに目先の売電収入ではなく電力を家庭や企業で消費する自家消費に高い注目が集まり出していて、蓄電池と組み合わせることで日夜節電効果を高める仕組みに興味が持たれています。
蓄電池があれば、電気使用のピーク時に使用量を控えるピークカットや、ピークを夜間などに移行させるピークシフトも可能です。
社会や地球環境、自分たちの生活などを総合的に考えたうえでも、マイナス投資になる可能性は低いと言えるでしょう。

Page Top