前へ
次へ

太陽光発電の仕組みとメリット

太陽光発電に関しては自家発電することが可能で、電気料金をカットできることが最も大きいアドバンテージです。
オール電化を組み合わせて活用すると、ガス代もかからないで、かなり光熱費を軽減することができます。
ガスがいらないオール電化は、建物の中の空気がクリーンであることあるいはガス漏れの懸念もすることなく、火災のリスクが低くなる利点もあります。
太陽光発電を活用した場合の光熱費は、電気料金とガス代にかかる光熱費のおおむね45%、さらにオール電化導入によっておおよそ80%のカットが見込まれます。
お昼の間は太陽光発電によって発電した電力で賄って、残されている電力を電力会社に売電可能なので、収入になることも強みです。
しかしながら導入費用が高い価格であることがマイナス点です。
売電での収入があるとしても、初期コストの回収にはオーソドックスな設置でおおよそ10年はかかります。
太陽光発電は長期投資と理解すれば、ネックだと感じることも薄れるかも知れません。

Page Top