前へ
次へ

太陽光発電と外国企業の参入

太陽光発電を原子力発電に変わる代替エネルギーとして認める動きが強まった頃、外国企業の参入が相次いだのです。
それというのも、太陽光発電システムは初期費用がそれほどかからないにも関わらず、一度設置してしまえば何もしなくても発電をすることができ、その電力を売電することで利益を出すことができることが周知されるようになったためです。
特に、中国や韓国企業が積極的に参入し、日本の使われていない山林や田畑を購入して太陽光発電システムの設置を行いました。
日本の大手企業もこの好機を逃すまいとして、次々と参入していったのです。
実際、またたく間に太陽光発電は普及していき、大きな利益を生み出すことになりました。
日本には使われていない山林が多く、衰退する林業に反比例するようにしてソーラーパネルシステムの設置が進められていったのです。
外国企業は機を見るに敏であり、この好機を逃すことなく相次いで参入を行っていったのであります。

Page Top