前へ
次へ

隣の家は太陽光発電でした

私の住んでいる隣の家の屋根には、太陽光発電用と思われるパネルが設置されていました。
その人は、自営業を営んでいるようでしたが、なかなか出会う機会もなく、そのことについて聞く機会もありませんでした。
しかし、子どもが小学生に入る前になり、地域の自治会活動に参加することになりました。
そこには、隣の家の人も参加しており、子どものことで話をするようになりました。
私はどちらかというと人見知りをするほうなので、気になっていた太陽光発電のパネルについてはなかなか聞くことができなかったのですが、酒の力も手伝い、とうとう聞いてみることにしました。
するとやはり太陽光を利用したシステムを導入していることがわかりました。
一体どれくらいの節約になるのだろうと、思っていたので、聞いてみると、夏場は電気を使わなくてもぬるま湯程度なら十分カバーできる、ということでした。
売電の話しも聞きましたが、こちらは難しく、忘れてしまいました。

Page Top